RSS | ATOM | SEARCH
「まてい」さんのこと。
「まてい」とは、
ゆっくり丁寧に、大切に、まごころを込めて。という意味だそうです。
福島県の方言では「までい」「まで」と発音。

私たちの暮らしの中にもそんな「まてい」を取り入れたいと
ひっそりと活動を開始した「まてい」さん。

昨年の10月から、ひとつぶ堂に「まていコーナー」を設けました。
ご縁あって、新潟のエフスタイルさんのものを多く扱っております。



亀田縞の弁当包みに風呂敷。
持ち手を結ぶとバックになります。

新潟市亀田に伝わる綿織物「亀田縞」
戦後消滅した亀田縞の生産を半世紀ぶりに復活させたそうです。

エフスタイルさんが産地に保存されていた縞見本帳を頼りに
現代の亀田縞の生地を機屋と共に考えて制作しました。



ゴムの入っていない靴下。

昔ながらの編み方で
ゆっくり時間をかけて編んでいる靴下は
足首をしめつけないのでとても心地よいです。

使ってみて良さを実感するエフスタイルの商品は
プレゼントにも喜ばれております。

「まてい」さんの扱う商品に
今後も乞うご期待です!

また、3年ぶりにGingaさんのステンドグラスも並びました。


ガラスのネックレス。
窓に下げて
光をかざしても楽しめます。

光をかざす、といったら
お馴染みサンキャッチャーも入荷しております。





さらに、
thousand leavesさんからは

ふくろうのアクセサリー




古くから伝わるお守りのような
少し無骨な質感のふくろう。

シルクで編んだ長めのチェーンが
柔らかさを増します。




ひとつぶ堂は
「パン屋さん」というまで
大きなくくりのパン屋ではありませんが

パンも焼きます!ぐらいのお店です。

パン以外の作品も
どうぞお楽しみにご来店くださいませ。






 
author:ひとつぶ, category:-, 11:55
comments(2), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 11:55
-, -, pookmark
Comment
青森市でも、「丁寧」を「まで」と言います。
福島でも同じなんですね。
初めて知って、面白かったので思わずコメントしました。

12月に焼いてもらったパンを冷凍しておいて、一つずつ楽しんでます。
レンジでチンして、トースターで焼いて美味しく頂いてます。

サンキャッチャーの色合いが素敵ですね。
窓越しに雪が見えました。
青森も雪が降り寒い毎日ですが、日が少しずつ長くなっているのを感じ、春に向かっているんだと思い、堪える毎日です。

春が待ち遠しいです。
 
やまもっち, 2016/01/19 11:10 AM
やまもっち 様

遠く青森から、はるばるご来店いただき
ありがとうございました。
温泉はたっぷりと楽しめましたか?


方言は各地の面白さがあっていいですよね!
聞いてるだけで ほっこりします。

サンキャッチャーのグリーンは思わず見とれてしまう美しさなんですよー。

こちらにくる機会がございましたら
また是非是非お立ち寄りくださいませ。
ひとつぶ, 2016/01/19 11:44 AM









Trackback
url: http://hitotsubu-do.jugem.jp/trackback/349